Topics

カイロプラクティックが受けられないのはどんな時ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、熱が出ているような時は避けたほうがよいです。

その他としては、ガン・遺伝性疾患・骨折・外傷・細菌性疾患・炎症性疾患・椎間板脱出・肝硬変・心筋梗塞などは禁忌とされています。

また、妊娠初期の不安定な時期も避けた方が良いでしょう。

詳しくは気軽にお問い合わせください。

>>よくある質問へ戻る

関連記事