Topics

原因不明の発疹の改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当院に通院されているクライアント様から1歳の娘さんについて相談を受けました。

「2週間前から発疹が出だして、痒みで眠れないので皮膚科でステロイドを処方され塗っているが全く効き目がない。こういった症状の原因はわかりますか?」

というご相談でした。

フィシオエナジェティックは症状にとらわれずに、どのような問題が原因かを突き止めていく療法なので、このような原因が不明だという症状は得意分野です。

アレルギーのような症状でも実際はアレルギーではない場合もあります。心理的なストレスが問題の場合もありますし、電磁波ストレスによるフリーラジカルなどが原因の場合もあります。
何にせよ、何が原因かは決めつけることなく、観ていくことが肝要です。

フィシオエナジェティックによる検査で分かったことは、乳糖の不耐性によって発疹が出ているということでした。
1歳という年齢もあるので、サプリメントなどは取らずに、乳製品を避けるという対応のみ行ってもらった結果が以下の写真です。




乳製品を避けて2~3日ですっかり良くなりました。

もう少し様子を見て、乳糖の不耐性そのものに検査を行う必要はあるとは思いますが、痒みもなくなり、よく眠るようになったとのことで一安心です。

ホリスティックな施術を行うということは、症状を引き起こしている上流の問題を、体に負担をかけることない順番で行っていくことが必要です。

決して、栄養療法だけでよくする・心理療法だけでよくする・スピリチュアル的なことだけでよくすることがホリスティックではないのです。

関連記事